アダルトVRの進歩は今までの動画の歴史を軽く凌駕していく

横になる女性

MENU

2017年06月28日
ゴーグルが導くアダルトVRの不思議な体験を更新しました。
2017年06月28日
アダルトVRの専門店もオープンを更新しました。
2017年06月28日
アダルトVRは実際にいるような雰囲気を更新しました。
2017年06月28日
アダルトVRは手軽に最高の興奮を得られるを更新しました。

アダルトVRとアダルト動画の違い

カップル

今までのアダルト動画は、画面を見るというものでした。つまりその中で行われているのを、第三者的な視点から見るしかなかったのです。しかしVRは、その中に自分がいるかの様に体験ができます。普通にエッチをしている時の映像を、見ていると言った方が近いですね。アダルト動画だとやはり男優さんがいて、その男優さんが行なっているのを見ているしかなかったですが、アダルトVR動画だと、自分が男優さんになれるのです。視野も良好で、周り360度見ることができます。
だから自分が見たい部位を、重点的に見ることができます。普通のアダルト動画でも特定の部位を見ようと思えば、見れます。ですがそれはその部位に、顔を近づけるか拡大するしか方法はありませんでした。が、アダルトVR動画だと、立体的に見たいものを近くで見えるのです。それにアダルトVR動画は臨場感が凄いです。特に顔の恍惚とした表情が。普通のアダルト動画だと、やはりここまでの顔の造形は見ることができません。
一度エッチをしたことのある方なら、懐かしいなと思うことでしょうし、まだ経験がなくても、練習になると思います。いや、というより、まだの人は、ぜひアダルトVR動画で練習をしてほしいと思います。それほど、参考になる部分が多数ありますから。秘部はモザイクがかかっているので、あまり意味はないかもしれませんが、それ以外の乳房であったりキスであったりと、自分で体験しているかの様な気がします。どちらの人でも、アダルトVR動画は楽しめると思うので、オススメです。

アダルトVRはますます進化していく

男はとにかく性欲を出すことが義務みたいな生き物です。毎日のようにパソコンやスマホで無料のアダルト動画を見たり、時々風俗店に行ったりして、すっきりしてこそ仕事もスムーズにやっていけます。すっきりと性欲を満たすという意味で、今話題になっているのがアダルトVR(バーチャルリアル)です。これは、実際の風俗の女の子が目の前にいるような感覚があって、ワンランク上のオナニーが実現するということで、女の子との接点が足りない若者がこぞって利用しています。
今はヘッドマウントディスプレイを付けてアダルト動画を見ながら、オナホや電動オナホを用いるというのが、アダルトVR動画の日常ですが、今後はますますリアルな感覚に近づいていく可能性があります。近い将来には仮想現実空間の中で、アダルトVR動画の中の女の子と、本当にエッチをしている感覚にまで行っているかもしれません。手の触感までも手袋状のセンサーで再現する技術というのはすでに存在しています。
女の子がいなくても、ドールが目の前になくても、手袋さえあれば女の子をモミモミしている感覚まで得られてしまうわけです。将来は手袋だけでなく、全身感覚スーツによって、女の子とのイチャつき感覚を全身の肌で得られるでしょう。するともうリアルな女の子とエッチをする感覚が自宅で得られることになります。ますますリアルな女の子との接点すら失われて怖いところでもありますが、時々はデリヘルを呼んでリアルとの接点は失わずに居たいところでしょう。

アダルトVRが今アツイ!

現在、様々な業界から注目されているテクノロジー「VR」(バーチャルリアリティー)。専用の機器などを装着することであたかも自分が仮想現実の中にいるような錯覚を覚えることができるというものです。自分の動きをトレースして視界が動くので、とても深い没入感に浸ることができる大変優れた技術です。そんなVR技術の発展が一番望まれるのはやはりアダルトVR動画などを含んだエロ業界ではないでしょうか。
例えば自分がアダルト動画の中に入っているような感覚を味わえるとしたらどうでしょう。そんな体験ができる装置があったらきっと買ってしまうんじゃあないでしょうか。それがアダルトVR動画です。また、アダルト動画だけではなくVRでCG(コンピューターグラフィックス)を見ると大変リアリティーがあるので、あまりにこのアダルトVR動画の技術が行き過ぎてしまうと、SF映画のように人間が必要ない世界になってしまうと無駄な心配までしてしまいます。
VRは今はまだ視界だけですが、今後技術が発展してくれば触覚や嗅覚などのフィードバックを得られることになるかもしれません。遠隔地にいる男女がお互いのぬくもりをネット経由で感じるような未来がすぐそこまで来ているのかもしれません。ただ、VRの専用機器を付けた状態はあまりかっこいいとは言えないので、家で使用するときは誰にも見られない場所で装着するようにしましょうね。

TOP